韓ドラ大好きな進之介と由凪が綴る、韓ドラの視聴感想記。
でもよく脱線して趣味に走ってます(-_-;)

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH
Search this site...
counter


現在の閲覧者数:
information
今後の視聴予定

レビューするかは、かなり不明


<KBSワールド>
ホドン&チャンミンの「芸・体・能」(ドラマじゃないけど...)

<ホームドラマ>
なし

<LaLa>
なし

<So−net>
なし

<エンタメ☆シネドラ>
なし

<TBSチャンネル>
なし

<テレ朝チャンネル>
なし

<KNTV>
清潭洞アリス(12/21〜)
グッド・ドクター(12/27〜(予定))
TOO WEEKS(12/27〜(予定))

◆視聴&予約録画中◆



★由凪・進之介の見たいドラマ
Dr.JIN
ポゴシッタ(会いたい)

■レビュー中■
イサン-正祖大君
君は僕の運命
花より男子
華麗なる遺産
美男ですね
製パン王キム・タック
僕の彼女は九尾狐
ミス・リプリー
ボスを守れ!!
シークレット・ガーデン

◆視聴終了◆
屋根部屋の皇太子
その冬、風が吹
King 2 Hearts
野王

→その他多数あり


** 10/19更新 **


-- E N D --
.
.
ランキング

RECOMMEND
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|||--pookmarktop
『コーヒーハウス』 第18話(完)

ウンヨンの結婚式に乱入したジンスのせいで結婚式はめちゃくちゃになってしまう。
警察に連行されてしまったジンス、しかし何もなかったような堂々としているジンスの姿はさらにウンヨンとジウォンを怒らせる。

弁護士を連れてすぐにジンスに会いに行ったウンヨン。
「方法を探すって言ったのがコレって」呆れつつ、しっかりスタッフには指示。
ジンスは弁護士に会って、すぐにこの人のところへ行って欲しいと頼む。
「悪人をえらばなきゃ」とか言ってたのはこのためだったみたい。
弁護士を外して・・・
「説明して・・・賢い作家さんの口から直接」と言われたジンス。

21:37昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
『コーヒーハウス』 第17話

ラジオ番組には来たジンス。
ウンヨンはジンスがきたという連絡をスンヨンから聞いてほっとしながらも、ジンスの行動をいちいち気にする自分が情けない。
放送が終わったジンスはそのままウンヨンのところに行くが、家族との約束があるウンヨンに会えない。
どうしてもウンヨンに会いたいジンスはウンヨンの家に行く。

最後に確かめたかったと「本当に幸せになれそうか?」っていうジンス。
さらに「自分が守りたいものはウンヨンの幸せで、友人であろうと、仕事のパートナーであろうと、先輩の妻であろうとかわらない」
って言うんだよね。
「あんんたが2年で帰ってくるなんて思わなかった。戻ることがわかってたら・・・」っていうウンヨン。
結局ジンスは「方法を考える」って言う。

21:36昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
『コーヒーハウス』 第16話

窮地に追い込まれたスンヨンは逃げ出してしまう。
そして、ジンスはスンヨンが残した習作ノートを読んで面白いことに気付く・・・
後日、反省文や健康診断や身体放棄書などをスンヨンに持ってこさせたジンス。
1億ウォンでアイデアを譲れっていうけど、断るスンヨン。
断って満足なんだろうね。

スンヨンの誕生日。ドンウクが一緒にお祝いしようと来てくれるんだけど、そこにジンスが。
誕生パーティーだと言われて行くんだけど、ジウォンのだったんだよね。
ウンヨンはジウォンの要望でいろいろと用意してて、そんな場に居ずらいジンス。
スンヨンに「その指輪いつもらった?」って聞くジウォン。
答えは「1ヶ月前」

21:34昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
『コーヒーハウス』 第15話

ウンヨンからのメールをみて黙り続けるジンスを心配するスンヨン。
「友人の結婚式に出席するため」と答えたジンス。
無事に番組の収録が終わる。
また、この関係に戻ることを選んだんだよね・・・
ウンヨンが選んだら、そうするしかないジンス。

ジウォンは結婚指輪をなくしてジンスと一緒にウンヨンの家へ。
ところが、途中仕事で抜け出したジウォン。
家にジウォン両親を連れて帰ってきたウンヨンに慌ててトイレに隠れたジンス。

21:32昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
『コーヒーハウス』 第14話

あぁぁぁぁぁ・・・今度はウンヨンが選んじゃったよねぇぇ。

ウンヨンがドレスを着替えるのを手伝いながら、ジウォンとの結婚に至った経緯を話す。
ジンスに知られなかったらよかったことも。
ジウォンが本当にちゃんとウンヨンがお見合いしてる間、待ってたんだよね・・・で、気持ちが傾いた。
ジンスがポケットから指輪を落としてしまうんだけど、ただ拾うジンスと見てないウンヨン?

ジンスのビックリニュースを聞いてないウンヨンは食事の帰りに聞く。
選択肢でどれだったらうれしいとウンヨンに聞いたジンス。
「恋人ができたってニュース」って答えたウンヨンに合わせるように「当たり!」っていうジンス。
ジンスと車に乗ったウンヨンは「新しい人が出来たら、また車に乗って、携帯も持つと思ってた」って言うんだよ。
相手がどんな人か聞いたウンヨンにまた選択肢を出して、ウンヨンの答えに「当たり!」っていうジンス。

21:31昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
『コーヒーハウス』 第13話

インタビューの録音のためにホテルに行ったスンヨン。
ゲストを待っているなか、ホテルに泊まっているジンスとすれ違う。
ホテルのバーで見かけたスンヨンはジンスが説教した言葉や口癖をそのまま後輩に使ってて・・・
スンヨンに“ジンスの弁護士”だと名乗り、著作権侵害で訴えると電話して遊んじゃうジンス。

そして、ウンヨンに電話をかけてみるジンス。
ウンヨンはジンスの消息は気になるから先輩から聞いたりはしてたんだよね。
普通の元気だったか?って聞くジンスに、連絡がこんなに早く来るとは思わなかったっていうウンヨン。
お互いにビックリすることがあるって明日の夕方に会う約束をしたジンスとウンヨン。
やっぱり、この2人だな〜。

21:30昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
『コーヒーハウス』 第12話

悩むスンヨンにジンスはとりあえず考えたことを読ます。
で、すぐに泊り込みの用意をしてくるように指示。
来たスンヨンは怪我して手が使えないし、メモリーが壊れて書き直しなことを知る。
書きあがった小説はウンヨンに渡すために。

ジウォンはウンヨンに謝るため、ジンスのふりをしてウンヨンに公園での待ち合わせするメールを送る。
しかし、ウンヨンはジンスに念のため電話をする。
ジウォンだと気付いてたジンスとウンヨン。
黄色いリボン作戦だなっていうのが当たって、プロポーズ。断るウンヨン。
さらに愛は戻ってくるんだっていうブーメラン@天国の階段まで(笑)

21:55昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
『コーヒーハウス』 第11話

姿を消すと思ったジンスが連絡をしてくる。
出版社の社員たちは喜ぶけど、ウンヨンはわかってたみたいで・・・
仲直りを期待してる社員たちだけど、契約解除同意の書類をウンヨンのサインを取りに来た。
サインをためらうウンヨンだったけど、結局サインするしかなくて。
泣いちゃった・・・
書くのを止めようかと作品は最後まで書くと決めたジンス。

スンヨンはジンスの居場所がわかってジンスのところに行くが、ジンスは会社の復帰の話ならうんざりだと言いながら、スンヨンの話をまったく聞かない。
スンヨンが伝えたかったことはちゃんと謝罪したかったことと、仕事をできなかったことだったんだよね。

21:53昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
『コーヒーハウス』 第10話

ジンスは医大出身らしく冷静に自分の処方せんを直接書いてスヨンに渡す。
頼まれたスンヨンは慌てて、指示された通りに薬を買ってきて、自分で注射するジンス。
医大出身だったことを思い出したスンヨン。

帰るように言われたスンヨン。
気が済まないスヨンは祖母を呼んでジンスの看病をさせる。
ジンスは親しくないと怒れないから、ハルモニの過剰な親切を受け入れるしかなくて・・・。

ウンヨンに電話するように言われてたのに、居留守を使ってたジンス。
寝ててつい出てしまって、ウンヨンが訪ねてくる。
けど、病気だということを隠したいから玄関で話して追い返す。

21:51昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
『コーヒーハウス』 第9話

キスをしたジンスとウンヨンは慌てながら別れる。
しかし、ジンスの誕生パーティーをしたいスンヨンと契約お祝いする出版社の社員たちが一緒にしようと決めてしまう。
気まずさの中いるジンスとウンヨン。

いくら逃げようとしてもまた二人きりなってしまったジンスとウンヨン。
「受け入れたのは男の本能だった」
っていうジンス。怒ったウンヨンは、話し合おうと屋上へ。
ウンヨンは真剣に自分の本音をジンスに明かす。
ジンスがウンヨンのことを想ってたのは感じてたみたいなんだけど、ジンスは否定。
ウンヨンは社長だし、友人だし・・・それじゃダメなの?っていうウンヨンにどちらかでないとっていうジンス。
ウンヨンとは反対の意見なジンス。

21:48昨年の記事comments(0)trackbacks(0)pookmarktop
画像・文章・データ等一切の無断転載を禁止します
Material:可愛ISM , Design:&9776* , 9776*xxx
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.